史上もっとも遅い・・・。

こんにちは、スタッフTです。いまだに梅雨入りしない佐世保市です。どうも、26日からは連日雨の予報のようで梅雨入りしそうですね。これは、史上もっとも遅い梅雨入りだそうです。少し、心配なデータがあります。

今までで佐世保市のもっとも遅い梅雨入りは6月23日でした。これは昭和42年に記録されたそうですけど、ご年配の方にはおわかりかと思いますが、この年には佐世保市で甚大な豪雨災害が発生しました。いわゆる「佐世保水害」です。昭和42年7月9日に記録された時間雨量は125.1ミリ。死者29人の犠牲が出たそうです。道路冠水はもちろん橋の決壊なども相次ぎ大きな災害となりました。

そういう心配も無いとは言えません。日本全国どこでも発生する可能性がある大きな災害。私たちも万全な準備をしておく必要があると思います。

私自身もこのような雨が降らない6月というのは経験がありませんし、あまり蒸し暑くもないですよね。こういう表現が正しいかは判りませんが非常に過ごしやすい時期でした。しかし、これから本格的な雨のシーズンです。皆様もご注意くださいませ。